「第37回富山県駅伝競走大会並びに富山県小学生駅伝競走大会」報告

令和元年12月3日(火)、第37回富山県駅伝競走大会で優勝された小林監督はじめ富山市選手団の皆様が富山市役所を訪れ、岡地市民生活部長、蔵堀市民生活部次長、若松スポーツ健康課長、富山市教育委員会 大久保学校教育課長、(公財)富山市体育協会 埜田専務理事、浅地局長らに、優勝の報告を行いました。

101425_01.jpg                         101425_02.jpg

11月11日(日)に富山ー高岡間を往復する18区間42.5キロのコースで行われた大会では2時間11分36秒の好タイムで、2位以下に4分以上の大差をつけ優勝し、見事11連覇を果たしました。富山市は4区で首位に立つと、各区で区間賞を取る快走をみせ、そのまま首位でゴールテープを切りました。

101425_03.jpg                         101425_05.jpg

また、小学生駅伝競走大会では中盤までは苦戦したものの、後半でトップに立つとそのままゴールし、29分32秒のタイムで大会8連覇を果たしました。

101425_07.jpg                         101425_06.jpg

訪問された皆様は次の通りです。
富山市チーム監督、富山市陸上協競技会理事長 小林慎一さん
富山市チーム総務、富山市陸上競技協会理事 宮脇範純さん 
4区走者、速星中学校3年 阿部楓愛さん
18区走者、速星中学校3年 齊藤鈴菜さん
小学生駅伝に出場されました7区走者、富山大学附属小学校6年 黒田真生さん
10区走者、宮野小学校6年 松下ひかりさんです。
今回の県駅伝の経験を糧に、皆様の更なるご活躍を期待しております。


一覧へ戻る