こどもの運動指導講習会を開催しました!

令和元年8月4日、体育文化センターにて「こどもの運動指導講習会」を開催しました。小学校教職員、保育士、大学生、ジュニアスポーツ指導者など45名が参加されました。
 幼少年期の運動あそびの重要性とその実践に関する研究では国内第一人者である、山梨大学大学院中村和彦教授を講師にお招きし、「運動あそびについて考える~おもしろくのめり込むあそびの実践~」をテーマに、すぐに指導現場で活用できる実技と、子どもが成長していく中で運動あそびの重要性について講義を行いました。
101356_02.jpg                    101356_03.jpg

実技では、力試しやバランスあそびといった基本的な動きや、ボールを使用していろいろ動きを組み合わせたあそびを体験しました。また、新聞紙やアルミホイルなどの日用品を使用して、オリジナルの遊びの用具を作成し様々な運動あそびを実践しました。

101356_04.jpg                    101356_05.jpg

講義では子ども達の現状や問題点について分かりやすく説明していただき、子どものあそびの必要条件である「時間・空間・仲間」を作り出すことやプレイリーダーの重要性、生活習慣の改善について教えていただきました。

101356_06.jpg                    101356_07.jpg

11月23日(土)富山市総合体育館にて2回目の講習会を開催します。実技では中村先生が実際に子どもたちに指導する運動あそび教室のサポートを行います。講義では実技の指導内容を踏まえたプログラムの進め方や運動あそびのポイントを学びます。2回目のみの参加も可能ですので、興味のある方はお問い合わせください。
一覧へ戻る