第36回富山県駅伝競走大会並びに富山県小学生駅伝競走大会 富山市選手団優勝報告会

12月3日(月)第36回富山県駅伝競走大会で優勝した島崎監督はじめ富山市選手団の皆様が富山市役所を訪れ、中田市民生活部長や蔵堀市民生活部次長、石黒スポーツ健康課長、富山市教育委員会 豊田学校教育課長、富山市体育協会 埜田専務理事、浅地事務局長らに優勝の報告を行いました。

101211_01.jpg

11月11日(日)富山~高岡18区間42.5キロで行われた富山県駅伝競走大会では、2時間9分49秒のタイムでこれまでの記録を2分28秒縮める大会新記録となり、見事10連覇を果たしました。
レースは、富山市が2区でいったん3位になるものの3区で首位に返り咲き、そのままトップを譲ることなく11人の選手が区間賞(内、4人の選手が区間新記録)で力走し、2位と8分26秒の差でゴールテープを切りました。

また、小学生駅伝大会では6区で先頭に立つとそのままトップの座を守り続け、28分33秒で大会7連覇を果たしました。

報告会では富山市チームの監督、富山市陸上競技協会理事長の島崎  清光さん、
富山市チームの総務で、富山市陸上競技協会常任理事の宮脇 範純さん
4区走者の速星中学校2年 阿部 楓愛さん
6区走者の速星中学校2年 齊藤 鈴菜さん
小学生駅伝大会に出場されました、9区走者の速星小学校6年 堀田 礼人さん
10区走者の速星小学校6年 嶋岡 月椰さんが訪問されました。

101211_02.jpg

見事な優勝でした!
今回の県駅伝での経験を糧に、更なる活躍を期待しております。
  
一覧へ戻る